おすすめの美肌を保つ正しいクレンジングの方法

お肌の健康を守るうえで、クレンジングは重要な意味を持ってきます。

間違った方法でクレンジングを行うことで、お肌の老化やトラブルを引き起こしてしまいますので、若々しいお肌を守るためにも、まずは正しいクレンジングの方法について知っておきましょう。

まず最初にクレンジングで注意すること


クレンジングを行う時、クレンジングの浪費を防ぐために少ない量でお肌をこすってしまう方も多いですね。

ただ、少ない量の場合、十分にお肌の汚れを取ることができず、ファンデーションや皮脂汚れがお肌についたままになってしまいます。

汚れを取り除くことができないと、その汚れが毛穴に入り込みくすみや黒ずみの原因になってしまいますので、必ず充分な量を使用するようにしましょう。

さらに、クレンジングを行う時、汚れを取り切りたいとばかりに強い力でごしごしとお肌をこすってしまいがちですが、強い力でこすることにより、お肌に摩擦を与えてしまいます。

肌が摩擦されると、肌表面が傷ついたりバリア機能の低下が起こりますので、シミやシワができやすくなってしまいます。

クレンジングで一番重要なことは、必要以上に力をかけずに汚れを落とすということにつきますので、肌につけたときには、なぞるように優しくこするとよいですよ。

このように、クレンジングは塗布量やこすり方が重要になるのですが、洗い流すときにも注意が必要となります。

洗い流す時にも注意が必要


今では、ふき取り型ではなく洗い流し型のクレンジング剤も多くなっていますので、お風呂に入ったついでにクレンジングを使用することも可能になっています。

お風呂で化粧を落とすとき、面倒な手間を避けるためについついお湯で洗い流してしまいますね。
お湯で洗い流すと、余分な汚れも取れそうだと感じてしまうのですが、汚れとともにお肌に必要な脂分まで洗い流すことになってしまうのです。

脂分は、肌の汚れの元になるという間違った認識をされている方も多いですが、適度な脂分はお肌の潤いを保つうえでも大切ですし、外的刺激からもお肌を守ってくれる役割があります。

クレンジングを洗い流すときには、余分な脂を落としてしまう熱いお湯ではなく、水やぬるま湯で洗い流すようにしましょう。

クレンジングで美肌を保つためには、これらの点に注意して使っていく必要があります。

さらに加えれば、刺激の強い添加物を含んだクレンジング剤の場合、お肌に大きな負担をかけてしまいますので、できるだけ余分な添加物を含まないものを選ぶことも重要になるのです。